乾燥肌,カサカサ肌

 

乾燥肌さようなら!乾燥肌をレスキューする方法

唇のケア

唇は、カサカサになりやすい人は癖になってしまいますよね。

しっとり唇は、セラミド徹底ガイド付けることで女性らしさを引き出します。

①リップを縦塗りに

リップは、左右に動かして塗る方が殆どですよね。でも、唇の繊維は縦に走っています。それに合わせて、上下に剃ってリップを塗ってあげましょう。隙間の隅にまで深く浸透しますよ。

②歯磨き時のポイント

歯磨きの後は、口はすすぐけれど唇はすすがない方が大半だと思います。しかし、唇に歯磨き粉などが残って付着していると、それが荒れに繋げてしまいます。唇もきちんとすすぎ、すすいだ後はリップを付けましょう。

③口紅の前にもリップを

口紅って、意外と唇と乾燥させてしまいますよね。口紅の後に、カサカサになった経験はありませんか?口紅の前に、リップを付けてあげましょう。しっとり潤って、唇を守ってくれます。

手のケア

手はハンドクリーム位で、それ以上のケアはしてない方が殆どだと思います。

ちょっぴりケアを加えるだけで、手が一層しっとり綺麗になります。

①洗った後すぐに水分を拭き取る

手に水道水が残ると、蒸発する時に手自体の水分をも一緒に奪ってしまいます。手を洗った後は、すぐにタオルドライをしてあげましょう。指と指の間も、きちんとぬかりなく水分を拭き取る事が大事です。

②手の紫外線対策

顔や首、腕などは日焼け止めを塗ると思いますが、手までも塗れていない方が多いようです。手は、結構紫外線に当たりやすい場所なので、紫外線対策をしましょう。日焼け止めでもいいですし、紫外線効果のあるハンドクリームでもOKです。

③化粧水を付けてからハンドクリームを

手も顔の肌と同じ、綺麗に保つ為には保湿が大事です。化粧水を付けてあげてから、ハンドクリームを付けましょう。安価な化粧水でいいので、タップリ付けてハンドクリームで蓋をしましょう。

顔のケア

①洗顔時のお湯の温度

寒かったり乾燥していると、ついつい洗顔のあついお湯を使ってしまっていませんか。でも、熱いお湯は、水で洗う時よりも数倍水分を蒸発させてしまいます。乾燥肌に導くので、必ずぬるま湯を使いましょう。

②コットンで保水

化粧水は、コットンで肌に与えた方が均一に顔全体に保湿する事が出来ます。コットンにたっぷり含ませ、優しくハンドプッシュするように肌に与えてあげましょう。

③しっかり蓋をする

化粧水だけでは蒸発するので、乳液やクリームで必ず最後に肌に蓋をしてあげましょう。化粧水と違い、多く付けるのは厳禁。肌に薄ら付けて、顔に1枚の膜を覆わせましょう。顔に直接塗らず、手のひらに浸透させて肌にピッタリ付けてあげると、薄く付ける事が出来ます